業務案内

  1. ホーム
  2. 業務案内
  3. 障害者社会参加推進センター運営事業

障害者社会参加推進センター運営事業

障害者社会参加推進センターとは

茨城県障害者社会参加推進センターは、障害の有無にかかわらず誰もが家庭や地域で明るく暮らせる社会づくりに向けて、障害者自らによる諸種の社会参加促進施策を実施し、地域における自立生活と社会参加を推進することを目的として茨城県が設置し、当連合会がその運営を受託しています。

障害者社会参加推進センターの主な事業

誰もが安心して明るい生活のできる地域社会の実現に向け、障害者の自立と社会参加への意識の高揚を図るために、各種事業を行う。

  • 障害者社会参加推進協議会の設置

    障害者社参加推進協議会とは
    障害者社会参加推進センターの運営に関する事項を協議するために、身体障害者関係団体、知的障害者関係団体、精神障害者関係団体それぞれの代表者及び茨城県関係部署代表者により構成された会
    主な役割

    ・社会参加推進センターの業務に関する企画、立案を行う。

    ・障害者社会参加推進協議会の開催(年2回)

  • 「障害者福祉の集い」の開催
  • 障害者福祉団体リーダー研修会の開催
  • 社会参加推進事業の受託実施に必要な情報の収集や提供など